GAMPS logo

GAMPS logo
ギャンプスのロゴです。

2017年10月20日金曜日

緊急入院と修理予約のキャンセルについて

私事で誠に恐縮ながら、

2017年10月11日から19日での間、緊急入院いたしました。

病名は心筋梗塞です。心筋への血流が滞り心臓発作を起こしました。

心臓のカテーテル手術を受け ICU で過ごした後、

再度、カテーテル手術を受けました。

現在は退院いたしております。

しかし、心臓発作の原因となった体質改善、リハビリに多くの時間を割く必要が出てきました。

それを怠りますと再発の危険性がございます。

心臓発作で入院


一方で、ギターアンプのオーバーホールは2018年9月までご予約済となっています。

体が万全で無い状態のままご予約を保ち続けると、万一再入院となった場合、たちまちお客さまにご迷惑をおかけしてしまいます。

【2018年のご予約キャンセルのお願い】

つきましては 2018年に作業する予定で承りましたご予約は一旦全てキャンセルさせていただきます。

体調が回復いたしましたら、改めてご案内差し上げます。

お客さまには個別にご案内を差し上げますが、万一ゆき違いになりましたら、ご容赦くださいませ。

勝手を申し、誠に申し訳ありません。悪しからずご了承ください。


尚、既に当ギャンプスで保管中の2017年納期のアンプにつきましては、納期遵守いたします。



2017年10月1日日曜日

Hand wired Stomp Box ハンドワイアードでエフェクター作っちゃいました

Gamps Project #4

エフェクター
ギターとアンプの間につなぎ、音を変化させる小箱
フットスイッチでオン・オフ する
英語では Stomp box

Handwired Stomp Box

トランジスター回路を 9V 電池で駆動させるのが一般的
プリント基板(PCB) 配線 が主流
エフェクター自作本もプリント基板ありきで書かれている


【過去の経験】

たくさん買った
所有していた歪み系エフェクターの一部

複数エフェクターを直列につなぐと、ギター音減衰、ノイズ増大
プログラマブル・スイッチャーにして改善
下の写真:1999年~2000年11月
Effectore with Providence switcher

一台に複数エフェクト内臓のマルチエフェクター
音色はそこそこ、ノイズも多く、期待外れ
下の写真: Digitec RP7。2000年2月~10月。
Digitec RP7

厳選エフェクター3台に絞り込み
スイッチャーもシンプルに
これで少し改善
しかし、これが限界
下の写真: 2000年11月~2002年
My Last Effector Board


値段の高いエフェクターなら、音は良くなるものと信じていた
パッチケーブルも当時ベストのものを試す
しかし、どんなに高いエフェクターを買っても音に不満

原点に返り、ギターとアンプの間はシールドケーブルだけにする
2003年~現在

【エフェクター製作の動機】
エフェクターには懲りたはずの私がエフェクターを作る動機は……

エフェクターは基板(PCB) を使って回路配線されている
基板(PCB)を使ったエフェクター回路
このプリント基板配線が原因で音に飽きがくるのでは?
という単純な疑問

しかし、推測でしかない

ハンドワイアードで作ってみたら良くなるのではないか

長年思い続けて、今日に至る

10年以上抱き続けた疑問にそろそろ終止符を打とう


トランジスター相手に作業をすることにした

AC128
はじめてトランジスターに触れたのは小学校5年生
一石ゲルマニューム・ラジオを作った、懐かしい

AC128  PNP ゲルマニューム・トランジスターを使う


【エフェクターの筐体加工】
Takachi のアルミダイキャスト・ボックス
ポット、ジャック、フットスイッチのレイアウト設計
回路はシンプルな Rangemaster を参考に、実装設計
アルミダイキャスト・ボックス、レイアウト設計、回路設計

無垢のアルミ箱に穴あけ
穴開け

【部品取り付け】
ポット x1 , LED x1, Jack x2 、フットスイッチx1
ポット、LED、フットスイッチの取り付け

エフェクターは入力ジャックにステレオ用ジャックを使う
シールドがささった時だけ電池から電気が流れるようにするため

ジャックとフットスイッチにあらかじめ配線をしておく

9V 乾電池ホルダーも配線
真空管アンプと異なり、PNP トランジスターは
電池のプラスをグラウンドにし、マイナス電位で増幅動作をさせる
ジャックとフットスイッチに配線



【ボード作成】
電気部品をハンドワイアードするためのボード作り
ギターアンプで使う回路ボードの切れ端を流用
ハトメはアンプ用よりも一回り小さい径を使う
回路ボードの作成、ハトメ取り付け

大きい径のハトメはグラウンド母線用
低ノイズ化の要

Handwired board and circuit layout ducument


【電気部品のアッセンブリー】
部品をボードに載せてハンドワイアー

Tungsram AC128V PNP Ge Tr. x1
Kamaya 1/4 W カーボン・コンポジット抵抗 x 5
Nichicon アルミ電解コンデンサー x2
ASC フィルムコンデンサー x1
WIMA フィルムコンデンサー x1

グラウンド母線は 4N 純銀線にして理想的なゼロ電位を確保

回路のアッセンブリー完了

ボードの裏側
黄色と青の配線材は Cloth wire 、結合容量を低減
シールドケーブルは Lava、線間容量を低減
回路ボードの裏側


【回路と筐体のアッセンブリ】
回路ボードと本体の接続

回路ボードと本体

回路ボードとフットスイッチ、ジャック間の配線をハンダ付け

True bypass ( トゥルーバイパス) はフットスイッチの端子間で完結
音の減衰を極力少なくする
Complete

動作確認
動作確認

【テスト】
Testing stomp box
【テスト結果】
・ノイズは極小
・エフェクターつながない時と変わりない

・バイパスしたときの音の減は無い

音質  (自画自賛なのでそのつもりで)
・ シンプルな一石回路で必要十分な歪み
・クリーン音の延長上にある違和感の無いブースト感
・ピッキングダイナミクスもある
・ Full Drive で感じた「音が暴れる感じ」は全くなく、自然

音質についちゃ、言葉だけでは信用できないでしょう

何人かの人に試してもらうつもり

【結論】: 私の推測は正しかった
エフェクターもハンドワイアード配線なら音が良くなる

但し、今回テストしたのはシンプルな回路である

複数の ICや、マイコンを搭載する場合は、ハンドワイアードにしても効果は少ない
理由は IC 内部やマイコンのチップ内部が既に薄膜配線であるから

ハンドワイアードはシンプルな回路のエフェクターに有効


良きギターライフを

2017年9月26日火曜日

Guitar circuit grade up and P/U change

GAMPS project #3

Gibson Les Paul Faded 2017の回路をグレードアップした上で、
ピックアップ交換し、サウンドの短所の改善をしましょう。

今回のProject のテーマは
①ギターの音質を汚く感じるのはプリント基板配線のせいなのか
②ハンバッキングでもノイズが多い現状、シングルコイルに変更して
  ノイズのレベルを低くできるのか

です。
Before and after
 
【現状のサウンドの短所】
・ピックアップ 490R , 490T が歪みやすく、歪み音が汚い(私的に)
・ノイズが多い(ハンバッキングとは思えないぐらいうるさい)

まずコントロールキャビティーを覗いてびっくり。

・なんだこれは ?  こりゃー基板だー!!!
上等なアンプにつないだのに基板の音がした原因はギターのプリント基板でしたか。

ボリュームポットx2 とトーンポットx2 とコンデンサーがプリント基板化されています。
ピックアップ線とスイッチを往復する線はコネクター付きです。
コネクターをつなぐだけで配線が完了。
つまり、ギター本体の木工部が完成したら、
電気回路はハンダ付不要でコネクターつなぐだけでギター完成
という「製造工程の短縮化」がねらいの設計です。

1983年製のギブソン・レスポール・スタンダードのコントロールキャビの中を見て以降、その後レスポールのコントロールキャビティーの中身がこんなに変わったのを知りませんでした。

83年当時でさえ、ポットはきちんとハンドワイアードでした。
 
・キャビティーに一切耐ノイズシールドが無い
 なんだーこれはー !!!
 ノイズが多くてあたりまえ。

   シールド無し = 工程簡略化 = 人件費削減 = メーカーの利益
Control cabity
しかし、
プリント基板 x シールド無し= 工程簡略化 = 大量生産 = 低価格販売
という側面もあり、安い値段で Gibson が買える理由でもあります。

私の場合は、ギター回路は全てリフレッシュするつもりで買ったため、文句はありません。

【パーツの取り外し】
ジャック配線、ピックアップ配線、スイッチ配線の3種の配線と基板を繋ぐコネクターを外し、ポットとコンデンサーの付いたプリント基板を取り外します。
Removing PCB of pots

次にジャックを取り外します。なんとジャックもスイッチクラフトではなく、プリント基板の付いたジャックでした。
Removing Jack

ピックアップ切り替えスイッチを外し、ピックアップも取り外します。
Removing switch

ギターから全ての電装部品を取り外しました。
All electrical psrts removed

【考察】

1. ノイズ対策を施し、現状よりも低ノイズにする

2. 2個付いているトーンコントロールを1個にし、
 空いた場所にピックアップ切り替えスイッチを付ける。

下の写真に描いた線は Gibson オリジナルの配線のときの配線材を表しています。
ピックアップの信号は一旦各々のボリュームポットに入ります。(青色と黄色)
トーンコントロールで音色調整します。(黄緑)
ボリュームポットからネックの根本にあるスイッチに行きます。(青色と黄)
スイッチを通過した信号は後戻りしてジャックに向かいます(白色)

このようにギターの中を行ったり来たりすることにより配線の総全長は長くなっています。
配線の長さが長いと、ノイズを拾いやすくなると同時にシールド線の分布容量によりギター信号がたくさん削られ、私が汚いと感じる音になります。
Gibson Original wiring

トーンコントロールを一個にし、取り外したトーンコントロールの場所にスイッチを移植するMOD をすると、下の写真のような配線材となります。
ピックアップの信号は各々のボリュームポットに入り、その後スイッチに向かいます。(青色と黄色)
スイッチの出力でトーンコントロールします。(黄緑)
スイッチからジャックに向かいます。(白色)
ギターの中をいったりきたりする配線の長さを短くすることができます。全部で約1m20cm ほど。

配線を短縮できる分、ノイズを拾いにくくなると同時にシールド線の分布容量も減り、ギター信号の削られる量を少なくできます。
Improved wiring by relocating P/U Switch


【スイッチ取り付けのための加工】
トーンコントロールの一か所をスイッチに変更します。そのためには取り付けの穴の部分の板厚を少し薄くします。このモデルのボリュームポットとトーンポットはロングシャフト用を使うため、取り付け穴の板厚も厚くなっています。
一方でスイッチのシャフトはポットのショートシャフトと同じ長さしかありません。そこでスイッチを取り付ける場所の穴の周りだけ板厚を薄くします。
Control Cabity

20mm 径のドーナツ型のスペーサーを作成します。下の写真。
スペーサーの作成

作成したスペーサーを両面テープで貼り付けてドリルが動かないようにして20mm径の穴をざぐります。
スペーサーに沿わせてドリルで板厚調整

写真の右下の穴だけ板厚を薄くし、スイッチ取り付け可能となりました。
スイッチ取り付け用の穴

【キャビティーのノイズシールド】
アルミのシートを切り、穴開けをしてコントロールキャビネットに貼り付けます。またキャビティーの蓋の裏側にもアルミのシートを貼り、蓋を閉めたとき、回路部分がアルミで覆われるようにします。
導電塗料はどんなに優秀なものでも抵抗値があるためシールドが不充分となります。今回はサンハヤトの高周波シールド用のアルミ箔テープ使いました。

アルミ箔は弦アース(テールピースのスタッド金属と繋がっているアース線) と導通を取る必要があります。今回は弦アースの線をラグ端子につなぎ、ラグ端子をアルミの上からネジ留めしこのポイントを一点接地の要とすることでシールドを完成させます。キャビティーをシールド化するだけで、弦アースとの接合を怠ると、ノイズは逆に増えるので要注意です。
コントロールキャビティーのノイズ対策シールド

【 CTS Custom ポット】
ポットは全て CTS Custom ポットのロングシャフトを使います。
フロントピックアップのボリュームはスイッチなし。
ブリッジピックアップのボリュームはスイッチ付きにし、ハンバックとシングルを切り替えます。
トーンコントロールはスイッチ付きにして、2種類のコンデンサーを切り替えられるようにします。
CTS custom pots
【使うコンデンサー】
オイル・ペーパー・コンデンサー
 .022μF 1000V Vitamin Q(Toichi)
 .015μF 400V Cornell Dublier
の2つをスイッチ付きポットで切り替えられるようにします。

当初は .022 だけにする予定でした。しかし、Jason Lollar 氏のお勧めが .015 ということを Lollar のサイトで知り、ならばと .022 と .015 で切り替えられるようにしたものです。
オイルペーパーコンデンサーは、「いつかギターの回路を触る日が来る」という思いから随分昔に買いためておいた秘蔵っこです。
Two Oil Paper cap

Cornel Dublier は Outer Foil のマーキングが無いため、Outer Foil の端子を計測により割り出しておきます。
注)Outer Foil とは、当ブログのフィルム・コンデンサーの向きについて
を参照ください。
Outer Foil checking

【ポットとスイッチの取り付け】
Volume ポット x2 、Tone ポット、スイッチを取り付けます。
Pots and switch installation


【ブリッジ・ピックアップ】
 Dimarzio の DP163 Bluesbacker にします。
ハンバック 構造ながら音はシングルコイルという触れ込みに乗っかりました。
Seymour Duncanの SPH-90 Phat Cat も検討したものの、わざとらしさの少ない素直な音作りの印象の強い Dimarzio にしました。

15年ほど前、エフェクターをつないで演奏していた頃の私は、ブリッジピックアップばかりで演奏していました。しかし、最近は、アンプ直で、ネックピックアップしか使わないので、まあなんでも良いといえばよいのです。
万一、ハンバック特有の音の遅さが気になることがあればシングルに切り替えられるようにスイッチ付きボリュームを使い配線しておきます。
Dimarzio DP163 Bluesbacker

【ネックピックアップ】
Lollar の Single coil for Hambacker にします。
P-90 をハンバッカーサイズにしたピックアップです。
参考にしたサイトで Rating 5 と最も評価が高く、入手が比較的容易ということでこれにしました。
リンディーフラーレンの P-92 も検討しました。しかし、参考にしたサイトでは Rating 4.5 だったのと、ストラトみたいな音という印象があり、Lollar にしました。

参照サイトhumbucker sized p-90 review page4

Lollar  single coil for hambacker

【配線】
ピックアップの配線とボリューム・ポット、ボリュームポットからスイッチへ、スイッチとトーンポット、スイッチとジャックの配線を済ませました。

下の写真の中央のラグ端子にグラウンドを全てつなぎ一点接地にし、ノイズ対策しています。一点接地につなぐものは以下の6つ
1) 弦アース
2) 各 Volume ポットのグラウンド
3) スイッチのグラウンド
4) Tone ポットのグラウンド
5) シールドのグラウンド
6) コントロール・キャビティーのアルミシールド

Wiring completed

コントロールキャビティーの蓋の裏側にもシールドを貼り付け、キャビティー側のシールドと接触させて回路全体を包み込む形にしました。
Cover of Control cabity

下の写真は電装系が完了した状態
Circuit Modify completed

Volume 、 Tone 、 Pickup selector は下のような配置です。

Volume, Tone, Selector Switch layout

トーンポットのスイッチ切り替えによるコンデンサー.002 と .015の音の差は大きくはありません。
微妙な出音の差は感じられます。
 .015 の方がより自然な音、.022 は少し加工したような音に私は感じられました。
まあ敢えて 2つの差を意識しての表現です。
Jason Lollar が .015 を好む理由はよく分かりました。

Stetsbar Tremolo を取り付けて完了
ピックガードとトラスロッドカバーもついでにプラスチックから木製に交換しました。
この見た目の部分の変更は音に関係なし。
Stetsbar reinstallation

交換したパーツと MOD 前後のギター
Before and after with changed parts
【 MOD した結果】
・汚い歪みはなくなりました
・アンプ直で使える音が出始めました
・シングルコイル特有のレスポンスの速い音です
・太さとブライトさを持ち合わせていて元気のある音
・音の芯があり、インストルメンタルでも使えます

以下の3つが総合的に効果を発揮したものと思います。
1) プリント基板をハンドワイアードに変更した効果
2) シングルコイルピックアップへの変更
3) スイッチ場所変更による配線材の総全長短縮の効果

また、
・ノイズが大幅に削減されました
・ピックアップがシングルコイルになったのに以前よりもノイズが少ない

シングルコイルにしたにもかかわず、ハンバックのときよりノイズが下がったのには正直われながらびっくりしています。以下の3つが複合的にノイズ低減に貢献していると思われます。
A) ラグ端子を使い、一点接地方式にした効果
B) コントロール・キャビティーのシールドの効果
C) スイッチの位置変更に伴う配線材の総全長短縮の効果

参考:
Gamps Project #2,#3 にかかった部品コスト
(銀行振込手数料と送料、配線材を省いた値段)

23,000円Pick up  Lollar single coil for hambackers
 8,000円Pick up DiMarzio Blues Backer
 3,200円 Pots CTS x3
  2,200円 Switch Switchcraft x1
  4,000円 Oil Paper Capacitors x2
24,000円 Stetsbar
     400円 Alminum sheet

計 64,800円也

ギター本体と同じぐらいの部品コストがかかりました。
しかし、
自分の理想のギターをオーダー製作するよりは遥かに安くついたと思います。

アンプのお仕事の予約がかなり先まで埋まっていて、
次はいつになるか分からないけれど、
ボディー、ネックだけをオーダーして後は自分で組み上げる
コンポーネント・ギターを作れたらいいなと思います。
木工は不得意で、一からギター製作はできないし、やろうとも思いません。
ひとさまの専門分野に踏み込むつもりもさらさらございません。

ただひとつ言えるのは電気回路はたとえギター回路でもきちんとハンドワイアードで真面目に作ったほうが音が良いということです。これは今回のプロジェクトで得られた貴重な体験です。

2017年9月25日月曜日

Stetsbar Tremolo

GAMPS project #2

GAMPS project #2 は、
Gibson LesPaul Faded 2017 にトレモロを付けることです。

Stetsbar Tremolo before and after

【トレモロの候補選択】
Les Paul のボディーに付けるトレモロとして最もポピュラーなのは Bigsby でしょう。
Stop Tail piece の部分にバネ式の機構を取り付け、弦を揺らします。 Tune O matic ブリッジはそのまま使うという構造上、ブリッジのスタッド部分と支柱の間に摩擦が生じブリッジがぐらついてくるという懸念があります。Bigsby そのもののの重量は重く、ギターが重くなります。
この重量増加によるサウンドの変化が好みの方もおられます。

Dusenberg のトレモロはストップテールピースをバネで動くタイプに交換するものです。
原理は Bigsby と同じです。重量も大きく増えないので、これにするか悩みました。可動部がベアリングでないことと、既存ブリッジへの負担がありそうなので、断念しました。

ジャズマスターのフローティングトレモロも Bigsby と同じくブリッジへの負担が大きくなることと、新たな取り付け穴とザグリが必要なことから除外。

ストラトのようなシンクロナイズドトレモロはバネを張るための大きなザグリ穴をボディー裏に開ける必要があります。あのザグリによってギターの音が随分とスポイルされてしまうと考えています。
よってこれも除外

はじめは Kahller のロックナット無しのタイプも検討していました。しかし、ボディーに少しだけれどザグリが必要なことが判明し除外しました。

シャーラーの Tune O Matic ブリッジの代わりに可動式ブリッジを取り付けるタイプもあります。値段も安く、簡単な構造のため、はじめはこれにしようかと迷いました。しかし、可動部がベアリングではなく、バネ式のため、やめにしました。

色々悩みつつもネット検索をして、ついに見つけました。
Stetsbar トレモロです。

【 Stetsbar トレモロに決定】
金属板の上にテイルピースとブリッジが一体化したトレモロです。ブリッジは Tune-O-Matic と同じ形状のものが乗っています。トレモロはブリッジをスライドさせることで実現します。ブリッジの可動部は水平のベアリングに乗っかっている構造でブリッジ本体が前後にスムースに動きます。
アームとブリッジの関係

取り付けには、ギターのボディー加工が一切不要です。穴あけもザグリも不要と書いてあります。
内心、本当だろうか思いつつ、万一木工加工が必要なら、すればいい、とにかくやってみようと思いました。

取り付け後のサウンドを YouTubeで確認すると、なんともなめらかなトレモロサウンドです。
トレモロ後のチューニングの狂いも極小とのこと。(ナット部のすべりを良くすることは必須)

日本ではいくつか取り扱いがあるものの、品切れの店が多い。
海外直送ながら、クレジットカードを使わず、日本の銀行口座への振り込みで対応してくれる T.C.T ギターパーツさんから購入することに決定し、さっそくオーダーしました。

振り込み完了し、ちょうど7日後に US から Stets bar が到着しました。
Stetsbar arrived from T.C.T guitar parts

きちんと衝撃吸収材の入ったパッケージで、輸送中ダメージの心配は無し。
Stetsbar Package

【Stetsbar の取り付け】
 Gibson LesPaul Faded 2017 に取り付けます。
Before the installation

弦を緩めて取り外した後に、
ストップテールピースを取り外します。
Removing stop tail piece

ストップテールピースのボルトを外します。
ブリッジとブリッジの高さ調整ボルトを外します。
Removed bridge

パッケージから Stetsbar を取り出し、ボディーに載せます。
Mounting stetsbar

Stetsbar に付属しているボルトとプラスチックナットで Stetsbar を固定します。
ストップテールピースのネジ穴をそのまま利用して支給されたボルトを締めるだけです。

( Stetsbar にはインチネジとミリネジの両方のボルトが付属しており、取り付けるギターによってボルトを選びます。Gibson にはインチネジのボルトを使います)

Attaching bolts

付属のレンチでボルトを締めます。きつく締める必要はなく、指で動かない程度( Finger tighten )に締めます。

Tightening bolts

取り付けはここまでで完了。

次は調整です。

【弦を張り、ブリッジを調整】

まずはそのまま弦を張ります。
Stringing

弦を張り、弦高調整とオクターブ調整を済ませます。
普通のギブソンのブリッジと同じものが付いていますから、弦高調整もオクターブ調整も普通どおりにできます。


【Stetsbar の Zero Point 調整】
この調整が Stetsbar を安定して稼働させるためのキモです。

テンション・アジャスターという2本のビスを 6角レンチで少しずつ締めていき、
Tension adjust
下図のようにテールピース下部のラインとアーム可動部のラインが平衡になるまで調整します。
この平行の状態を Zero point と呼んでいます。
Zero point

再度チューニングして
Re-tuning

完了です。
Installation completed

なんとも滑らかでスムーズなアームタッチです。
大胆な揺れも繊細な揺れも自在。

アーミング後のチューニングの狂いも少ない。
シンクロナイズドトレモロやモズライト・トレモロよりも優秀と感じました。

やはりそのスムースさの秘訣はこのトレモロの構造だと思います。
ベアリングの上に載っているブリッジそのものが前後する構造です。

ブリッジそのものが前後する構造

現状のセットアップではアームダウンとアームアップの両方ができます。
この状態で弦が一本切れるとギター全体のチューニングは変わります。

アーム・アップをやめるように設定するには下の写真の矢印のスクリューを締めてアームが付いている可動部を後ろに後退しないようにします。

ダウンオンリーになる代わり、弦が切れてもチューニングは保持されます。
後退防止ネジ

今まで抱いていた疑問
「レスポールのようなストップテールピースタイプのギターに私が良いと思うトレモロはどれなのか?」
について「恐らく Stetsbar ではないだろうか」という想像でしかなかったことの答が今回、明らかとなりました。

Stetsbar は素晴らしいと思いました。
動作がスムースなことに加え、ギターの木部に一切の加工は不要というところも魅力です。

さあトレモロが付きました。次は回路の改善・補強とピックアップ交換です。